住めば都、歩けば畑の、北海道

 僕は公務員の子供なので、小さい頃から転勤族として北海道中をうろうろとしていた。もちろん住まいは公務員宿舎だから、それはもう、いまから思うと酷い有様だった。なにから指摘したらよいのか迷うが、要するにコンクリートの塊である。薄暗い灰色の空間、それが公務員宿舎だ。

 いちおう具体的なことも添えると、ぼっとんトイレと裸電球は標準装備、天井の板の染みが顔に見えるのは御愛嬌である。そういった原体験があるのもあってか、僕は一般的に辛いといわれる住環境にかなり強い。もともと僕の満足や幸福の閾値が異常に低いというのもあるだろう。

 そんなわけで、僕が最近まで住んでいたところも平屋の 3LDK で家賃は 7500円だったし、その前に住んでいたところは木造二階建ての 3LK で家賃は 7000円だった。虫との戦い、寒さとの戦いは苛烈だが、まあ、これはこれでと思えるのは我ながら有難いものだと思う。

 田舎にはそんな公務員宿舎がごろごろしており、住環境が整っていないから男性はさておき、女性がやってこない。女性は標準以上の家にしか寝ないものだ、どうにかしたほうが良いだろう。北海道事情を言うと、僕の経験上、住居に関してはやはり道営住宅のほうがいい。

 水洗トイレなどはまあ、ないが、場合によっては簡易水洗だったりすることはある。シャワーもあるだろうし、白い壁紙やフローリングなんかも期待していいだろう。その代り、畑は少し狭いかもしれない。もっとも僕の基準がそもそもおかしいだろうから、話半分にしてもらいたい。

 そんなわけで、まあ、公務員はみな、精神を病みながら過労死したらよいと思う。それはさておき、国家公務員宿舎問題が話題になっているようだ。どうして「公務員宿舎」と言わずに「国家公務員宿舎」と表記しているのか不思議だったが、テレビニュースを見て理解した。

 1LDK か 3LDK か忘れてしまったが、そこに住む公務員は近所の人が 11-12万円の家賃を払っているような環境のなか、5万円の家賃で住めているということだった。それに不公平感を抱いている人が多いという演出で、どうやらそれが無駄遣いだという主張らしい。

 僕はそのことに関して特に意見を持たないが、そもそもの家賃の高さには驚かされる。まずもって10万円を超える家賃というのが東京のおかしさを表している。家賃ほど馬鹿馬鹿しいものはない。しかしまあ、そんなところで寝る国家公務員だからこそ、攻撃の対象にもなる。

 地方公務員宿舎であったら、破格の安さであってもそう文句は言われない。「あんなところに安全な土地あったんだ」みたいなところにある、「あれ人住めるの?」みたいなものに帰っているのだから(実際、廃屋になっているものもある)、不憫さに免じて許してもらえるというわけだ。

 田舎の宿舎は家賃が1万円を超えると「高級住宅」と呼ばれる。
[PR]
by kourick | 2011-11-27 02:00 | 日記