c0157225_2205564.jpg
千葉のお土産をもらう。二種類の最中と、さらに落花生のお菓子で千秋庵のノースマンのようなパイもいただいた。食う、美味い、うむうむ。画像に写っていないほうの最中はアンとモナカがドッキングしておらず、食すときにアンをモナカで挟むという僕の合体魂を掻き立てるお菓子だった。あまりに心踊り、アンとモナカの一部始終を画像に収めすぎたので、ここはむしろ逆に晒さないことにします。パリパリとした触感、どこかから漂う香ばしさ。うーむ、なるほど、銘菓は面白いな。
[PR]
by kourick | 2008-10-30 00:00 | 画像
流行になっているのかわからないけれど、「フェルミ推定」の話題をけっこう見かける。僕はあの例題を見かけるたびに「禅の公案」を思い出す。いわゆる、「隻手の音」に代表されるあれ。フェルミ推定の場合だと「日本全国の電信柱の個数や如何に?」という感じだろうか。

電信柱の個数問題の場合は解答があるのだから、とりあえず、「まっさきに電力会社・電話会社に問い合わせる」と言ったってよさそうなものだけれど、あまり、そういう直球を投げる人はいないみたい。すでに立っているものに限定されていないのだから、電信柱工場(あるのか?)に生産個数を問い合わせるのも有効だろう。なににせよ、いわゆる、「足で稼ごうとする人」は少ない。

そういうことを試されているわけじゃないからいいのだと言われると、たしかにそうなのだろうからいいのかなとも思うけれど、その結果を真面目に役立てようと考えているなら普通は問い合わせるだろう。当たり前である。少なくとも小学生ならそうするし、僕でもそうする。なにを言いたいかというと、「思考の筋道を試す試験」という設定に思考を絡めとられているのでは、ということ。

「地頭力」もよいけれど、自分に不足している力を求め続けていても実力は付かない。「○○力」という造語が頻繁に流行るのは「自分には力が不足している」という自覚と渇望にある(近頃はこの限りじゃないように思うけれど)。しかし、より実践的に重要なのは潜在的な能力を伸ばすことより、いまある材料を使って自分にできることを確実にこなすことだ。

結局、本当に自分を活かそうと思ったら「やってみるしかない」ということである。
[PR]
by kourick | 2008-10-16 00:00 | 日記
さすがに Outlook Express ではさばききれなくなってきたので、メーラを Thunderbird に乗り換えようかなと思っているのだけど、やはりなかなか完全な移行はできない。致命的に不便というわけでもないのが悩ましいところ。Sleipnir も、いまだに 1.66 を使っているし、慣れた環境を新たにするというのは難しいものだと思う。

折角だから Firefox を 3.0.3 に Opera を 9.6 にした。Firefox 3.0.3 の導入はもう少し待ったほうがいいかも。もうちょっと待ったほうが安定しそう。Opera 9.6 は思い切ったイメチェンをしていて、なにより黒い。ただ、使いやすいなとは思う。僕がマウスジェスチャに慣れたのが青かったころの Opera だから、その原体験を引きずっているのかも。

Google Chrome も使ってみたのだけれど、前に見たときは Flash を使っているサイトは激重だったし、ニコニコ動画ともなると開いた瞬間 CPU 利用率 100% 瞬獄殺を放ってきていたのだけれど、いまはわりといい感じになっている。最初からステータスバーを省いてるのは当たりだと思うし、あろうことかツールバーもないから視覚的に広がりがある。アドレスボックスと検索ボックスが一緒なのは人に教えるときに楽で良い。

こういうのは共用 PC や初心者・高齢者に最適だろうなと感心する。ただ、僕は使わない。これが難しいところだ。Firefox も似たような傾向にあって、ちまちま育ててはいるけれど使う頻度は少ない。Firefox の欧米でのシェアは 20% というニュースがあったけれど、僕はわりと納得した。便利さ、自由度、これらは付加価値である限り、まだ、充分な威力を発揮しないのだ。

こう思うのは性格か。わりと多方面にこういう傾向がある。まあ、結局のところ、どれを使ったって大差はない。そう思うから、僕の着手は後手にまわる。ただ、後手にまわることに忌避感もない。あまり便利さのわかりやすいのも便利さに振りまわされて疲れるだけかもしれないし、本当に便利なものはその便利さに気付かないまま恩恵に与っているという類のものかもしれない。僕はいったい、なにの話をしているのか。いやはや、なんともはや。
[PR]
by kourick | 2008-10-12 00:00 | 日記
とうとう10月になってしまいました。すみません、僕の力ではどうしようもなかったのです。あと少しのところだったと思うのだけれど、結局は10月に押し切られるかたちになってしまいました。まあ、やはり強いですね、10月は……そりゃあ、ぜんぜん違います、瀬戸際の押し出しが。

それはさておき、あっというまの九月も終わり、僕はなにをしていたかというと 小生にうず のレイアウトを変更したり、リンク柱をいじったり、Activica. を更新したり、その他もろもろに加筆したり修正したり、こっそり削除したりしていました。お久しぶりです。季節も移り変わり、秋、いいね。
[PR]
by kourick | 2008-10-03 00:00 | 日記