「思考停止」という言葉に悪い印象を受ける人が多いようだ。いろいろな切り取り方があるけれども、肯定的でわかりやすい例を挙げると、「公理」を立てるときには思考の停止を伴うだろう。

 公理に「どうして?」と問うことはナンセンスではないが、基本的に有益ではない。思考停止を前否定する人だって、体系的な学問を研究するときに「公理」を立ててないわけにはいかない。

 「公理」の例は分かり難いかもしれないので、もっと日常的な例を挙げると、「常識」というのは思考停止だろう。もちろん、疑われてしかるべき「常識」というものもあるだろう。

 しかし、右手を見て「ここに右手がある」と思うとか、道を歩いていて「一歩先にもちゃんと地面がある」と思うとか、いまこのテキストを読みながら「いま俺は文字を読んでいるな」と思うとかならどうだろう。

 こういった「常識」に関する思考はおおむね停止されているものだ。むしろ、こういった思考は停止してしまうことによって、人はスムーズな日常生活を送れているわけです。

 なにが言いたいかというと、普段、日常生活でさまざまなことを思考停止して流しているのに、いざ「思考停止」と言葉になると徹底的な拒否反応を起こすというのは、ある種、不健全ではないかということ。

 普段は思考を停止して穏やかに生活しているのに、いざ思考を始めたと思ったら、自分の日常を否定しなきゃいけないわけです。上げると落ちるブレーカみたいな感じですね。

 熊野純彦さんが 2000年27号の 『世界思想』 に「思考について―ロボットと日常と哲学と―」という六頁の短い文章を寄せています。これは非常に面白い文章なのですが、要約すると次のようなことを言っています。
 完璧なロボットを考えてみよう。彼は「思考」しており「意識」があるのか。おそらく、これは不毛な問いであるだろう。こたえは「定義による」からである。正しい問いはむしろ、私たちはロボットが思考することを望むのか、そして私たちはそのようにロボットを設計するのか、というものである。

 単純な意味では、まったく「思考」しないロボットは使いものにならない。この場合、最低限の「思考」とは、適切な運動を導くために必要な状況を見分け判断すること、実現されるべき目標のために手段を選択することである。

 こうした思考も、迅速であることが望ましい。むしろ、計算と決定とに要する時間は、できることならゼロに近いほうが良い。とすると、思考するロボットは「思考していないように見える」ほうがよいことになる。とするとさらに、ロボットはたしかに思考しなければならないが、しかしできれば思考しないほうが望ましいことにならないだろうか。
 このように「完璧なロボット」の「思考」について話が展開されます。「たしかに思考しなければならないが、できれば思考しないほうが望ましい」などは、実に印象的なフレーズです。そして、話は「人間」の「思考」についてにシフトして続いていきます。
 日常生活は第一に、大抵の場合ことさらな「思考」を必要としていない。日常の生のなかで思考がよびおこされるのは、自動化された行動がむしろ阻止されるときである。寝坊をすると、対策を考える。パンの買い置きが切れているときに、別の食品を探そうと思いつく。地下鉄が止まってはじめて、バス路線におもいめぐらすという具合である。

 「思考」は行動をたすけ、行動にとっての障害をのぞくためにあるのであって、おもいなやむことそのものに価値があるわけではない。人間の知性はそもそも行動へとさしむけられており、思考はもともと行動の補助的な手段なのだ。

 すくなくとも日常の生にあっては、思考は行動へとむけた問題解決の手続きであるにすぎない。そうであるなら、ちょうどロボットにかんしてそうであったように、人間の日常についても、問題はないほうがよいに決まっており、問題が生じる場合にはその解決が迅速であるほうが好ましい。

 だが、問題の解決にむけられてはいない思考、それどころかかえってつぎつぎと問題をつくりだしてしまう思考がある。哲学的な思考、と呼ばれるものがそれである。
 僕は「哲学」という分野に執着はないし、哲学という活動に打ち込みたいとも思わないけれど、そう思うことこそ、僕が哲学に関する思考を停止したときに受けている恩恵なのかもしれない。僕は、できることなら、なにも思考したくない。そのために思考している、とすら言うことができる。

 ちなみに、「哲学研究にいちおうの予算が付いている不可思議さ」に応じて、熊野純彦さんはなかなか泣かせる一節でその文章の幕を閉じる。
それでも哲学的な思考を肯定しようとすることは、要するに無駄を肯定しようとすることである。ことばをかえれば、人間がロボットになりきることがないであろうことを肯定することなのである。
 哲学に幸あれ。
[PR]
by kourick | 2007-01-19 00:00 | ○学
 お米を団子にして投げて遊んでいた児童を叩いた校長が懲戒処分を受けたらしい。叩いたタイミングの悪さなどを鑑みて想像するに、わりと面倒な児童で日頃の行いから頭にきていたのだろうと思う。

 なので、「微妙な事例」と言いたい気持ちもあるのだけれど、知人の教員に訊いてみたところ、原則として「手を出してしまったら、もうアウト」だとか(問題を起こした直後で、親の理解があったら微妙)。

 戒告処分なので教職を続けるのかもしれないけれど(教育業界において減給・停職を受けるというのは「自主退職しろ」ということです、か?)、なにはともあれ、僕は「校長、やりましたね」と言ってあげたい。

 ただ、こうした事件が起こると体罰容認派がけっこう現れるので、それが大衆に与える影響というのは少し心配ではある。巷には「うちの子が悪いことをしたら殴って下さい」というような人はけっこういるものだ。

 しかし、そうしたところで児童の扱いに差を付けるのは難しい話だし、「体罰容認」の最初の一歩を認めてしまうと、どこまでが「良い体罰」で、どこからが「悪い体罰」なのかという線引き問題になる。

 しかし、体罰を受ける側の個体差も考慮すると、この線引きは明らかに不可能だ。仮に線引きができたとしても、その「良い体罰」が適切に運用されるかには、きわめて疑わしいものがある。

 たしかに「体罰によって目が覚めた」という人も一定数いるのでしょうが、それはイレギュラな例であり、少なくとも公立学校の教育方法論としては「体罰」は危険だろう。適切に運用できるとは思えない。

 しかしまあ、仮に体罰を容認したとしてみましょう。そのとき、殴られる子供は百歩譲って仕方ないとしても、殴る教員はこれ、しんどいですよ。人ってそう簡単に人を殴れるものですか。

 もし、それが教育行為として認められていたとしても、人を殴るということは言うほど簡単なことではないでしょう。それこそ殴り癖を付けておかないと良い感じには殴れない。それもまた、教師の資質ですか?

 体罰を容認しろと言うだけの人は楽だけれど、実際に大勢の子供に体罰を行う人の気持ちは複雑です。ただでさえ精神を病む人が多いのに、体罰の容認はさらに教員の精神的負担を増やすでしょう。

 結局、安全側の発想を維持するための教訓は、やはり「体罰は原則としてだめだ」ということです。これが前提になっていないと、現実的で協調的な取り組みは不可能といってもよいと思う。

 ただ、この前提を認めつつも、教員の安全もきちんと確保しないといけない。教師の正当防衛はどこからが正当なのか。教育の問題を考えるということは、子供の問題であるのと同じだけ、教員の問題でもあるのだ。

 「教育」というのはわりあい漠然とした言葉なので、教育に関して語ろうとするとついつい、自分の経験から得られた限定的な教訓を当てにして無遠慮・無責任なことを言ってしまうことがある。

 しかし、たまには子供の通っている学校に実際に行ってみて、子供や保護者と教員と交流を図り、子供の通う学校と、その学校を取り巻いている環境を見詰め直してみるのも有意義なことでしょう。
[PR]
by kourick | 2007-01-18 00:00 | 考察
 Zガンダム劇場版第三話「星の鼓動は愛」をやっと観ました。「明るいZ」という富野御大の言葉通りかどうかはさておき、ラストでカミーユが精神崩壊を起こさないのには(想像はしていたものの)ちょっと感動しました。そして、その分、シロッコの扱いが微妙になっていると僕は思います。

 そして、そこに注目して読みすすめると、富野御大がある意味で穏当になったという具合にこのアニメを観ることになるのではないかと思います。

 Zに登場する指導者的役割を果たすニュータイプ(ハマーン、シャア、シロッコ)は皆、貴族主義者です。これはF91で正面から扱われるようになるテーマですが、Zでも暗にそうなっています。

 そのなかでハマーンとシャアは、「地球の重力に魂を惹かれている人々」の粛清を行う(選民思想が色濃くでる)ようになりますが、シロッコは本作品中では「オールドタイプを導く」としか言わず、抽象的な表現で良いなら「女性による統治」を何度も仄めかしています。

 もちろん、シロッコも後々、シャアのように「ならば今すぐ愚民どもに叡智を授けてみせよ!」と叫ぶようになったかもしれないですが、本作中の段階ではそこまでマッチョな思考に傾いてはいません。

 そう、もしかしたらシロッコの台頭によって、人類の革新が成功裏に進んだ可能性はなきにしもあらずなわけです。(だからこそ、レコアの駆るパラスアテネがティターンズを倒しに向かうということは、まさに象徴的に感動できる出来事なわけです)

 そのようなわけで、たしかにシロッコは作中で暗躍するにせよ、ラスボス的に倒されてよいキャラクタでもありません。それをカミーユは「人類の革新は個人の手によって恣意的に行われるべきではない」という、まさに自分の個人的な判断でシロッコを悪として、オーバーテクノロジーを用いた反則技で殺すわけです。

 ここには漫画版ナウシカと同じ構造の問題があります。もしかしたら、この判断は人類の豊かな未来に対する重大な反逆だったかもしれないのです。だからこそ、偉大なる指導者シロッコの死という代償として、主人公のカミーユが精神崩壊を起こすというのは、実のところ、釣り合いが取れていたのです。

 ところが本作では、シロッコを殺したあと、カミーユは五体満足に生き残ってファに心配された挙句にいちゃついて終劇です。いったい、これはどういうことなのか。恋愛劇としてはまとまっているしもちろん面白いけれども、常識を過剰に突き刺すような富野節はどこにいったのか。僕の考えではこうです。

 基本的に御大は「大人」を「聡いところもたしかにあるが、やはり狡猾で薄汚いもの」として描き、「子供」を「馬鹿で融通が利かないけれども、純粋無垢で直感的に正しいことを把握するもの」として描きます。そして御大はそのどちらも殺します。悪い大人が一方的に死ぬこともないし、良い子供が一方的に生き残ることもない。

 はずだったのだけれど、本作ではシロッコが悪玉として死に、カミーユが善玉として生き残る(御大がもっとも嫌がりそうな)ある種の勧善懲悪ものになっています。それとともにカミーユの嫌らしいところはむしろカツが引き受けてくれていて、カミーユ自身は自分の芯をもった精悍でいて聞き分けの良い己の葛藤に自分で結論を出せる立派な主人公です。そして、ファとカミーユは子供の恋愛をしているという扱いを頻繁に受けています(ラストシーンもそう)。

 これはある面で、御大がガンダムシリーズで追及していた(と思われる)はずの「ビルドゥングスロマン」を否定しています。カミーユを最後まで子供として扱うということ、そして、周りのクルーやブライトさんがそれを(冷ややかにではなく、暖かく)見守っているということ、これはつまり、子供にむかって「成長しろ!」と言うことを御大はもう止めたということなのではないかと僕は思いました。

 シロッコという野心は抱えているけれども、悪意とも善意ともつかない思想上中立にある天才指導者の生き死にを、カミーユという少年の判断に委ねたわけです。御大はカミーユに対して「シロッコを殺し、その業を背負って君はこのあとどのように生きるのか」と問うに留め、その業に「カミーユの魂」という代償を払わせるのをやめたように思われます。つまり、説教はほどほどにして、もはや次の世代に「託そう」そして自分は「それを見守ろう」という気持ちに移り変わってきたのかなと受けとめた次第です。
[PR]
by kourick | 2007-01-10 00:00 | アニメ
 こうして僕もすっかり「涼宮ハルヒよりも藤岡ハルヒ」な人間になってしまったわけですが、それはともかく、思いのほか良い仕上がりになっていて、最終回の「物理的には間違っているけど演出的には正しい」展開に不覚にも感動しました。

 妙に女性の多いスタッフ陣も何気に豪華です。てっきりガイナックス専属でやっているのかと思っていた榎戸洋司さんが脚本を書かれていて驚きました。世代的には1960年代後半、遅れてきたオタク第一世代の人という感じでしょうか。

 面白いとは聞いていたのだけれど「桜蘭高校ホスト部」は間違いありませんでした。というか、れんげちゃんの大活躍のおかげでヤオイ界の勉強になりました。基本的な設定としては腐女子がキャラ萌えする内容ですが、ハルヒが可愛いので男子でも楽しめます。

 作画・演出のクオリティは全体的に高いのですが、個人的には第13話「不思議の国のハルヒ」が印象に残りました。地味にパロディが多かったりするところも、スタッフが楽しんでいる感じがして良かったです。第二期もありそうな予感。
[PR]
by kourick | 2007-01-09 00:00 | アニメ