c0157225_19382646.jpg
毎週恒例になりつつある金曜日の食事会、北24条の串鳥で焼き鳥を食したあと、ラーメンを食おうと地下鉄駅付近を散策して「拉麺一幕」に入る。美味い、当たり前だ。少し怖い店だったが、あの妙に殺伐とした無骨な感じはラーメン屋らしいというとラーメン屋らしい。男性客のほうが多そうだ。

僕は「塩拉麺とんこつ」を注文したのだけれど、人気は
一着「塩拉麺とりがら」
二着「醤油拉麺とりがら」
三着「味噌拉麺とんこつ」なのだとか。
たしかに「塩」には「とりがら」という気もする。
[PR]
by kourick | 2006-09-30 00:00 | 画像
c0157225_14555545.jpg
鴨を見る。

大野池で鴨を見て和む。これはかなり正解に近い。大通で女一人でトウキビを買い、ベンチに座って噛み付きながら鳩にちょこっと分けてやる。これもかなり正解に近い。つまり、鳥は正解に近い。

大野池の鴨は人を疑うということをしない。近寄ってもなかなか逃げないので、ぎりぎりのところまで近寄ってしゃがみ込んでずっと見ていた。鴨は諦めたのか、最終的にはそのまま寝た。

無防備にもほどがある。
[PR]
by kourick | 2006-09-26 00:00 | 画像
c0157225_1458642.jpg
金曜日の夕方「巻きますか、巻きませんか」のノリで友人に食事を誘われる。この日は琴似駅前の噂に聞いた名店「ななし」でラーメンを食す。美味い、当たり前だ。次に行ったときは醤油ラーメンを食おう。

どうやら旭川ラーメンという分類になるらしい。ちなみに最近気付いたのだけれど、ラーメンの分類というのは正確には「分類」ではなく「文化」ではないか。少なくともそう考えたほうが辻褄は合う。
[PR]
by kourick | 2006-09-22 00:00 | 画像
c0157225_2310117.jpg僕はどうやら眠いという感じをうまく察知できない人間のようで「眠い」と思う前に「目が痛い」とか「頭が痛い」とか「立ち上がるとふらふらする」という風に、先に身体に影響が出る。つまり、睡眠欲に非常に鈍感なのだ。これは食欲もそうで、意識して食事をとるようにしないと急に倒れる。生活の管理ができないのだ。

眠い状態にあっても、作業に没頭していると終わるまでずっとやってしまうため寝なきゃと思うときに寝れないことが多い。昔からずっとそうで、仕方がないから最近は「事前に寝ておかなきゃまずい」と思わせるような重要な用事はいれないようにしている。

ありがたいことにいまのところそういう生活が送れている。幸運なことだが、社会の役に立っていないことだけは確かだ。
[PR]
by kourick | 2006-09-19 00:00 | 画像
c0157225_23154649.jpg

[PR]
by kourick | 2006-09-17 00:00 | 画像
c0157225_2382045.jpg
大学に向かう途中「よお」と呼び止められたので、誰かと思って見上げると彼がいた。声をかけたわりに黙ってあさっての方向を向いている。仕方がないので一枚撮っておいた。多分、彼も満足しただろう(彼女かもしれないが)。
[PR]
by kourick | 2006-09-15 00:00 | 画像
c0157225_17131263.jpg

[PR]
by kourick | 2006-09-11 00:00 | 画像
c0157225_150143.jpg
 札幌の隠れた観光スポット、魅惑の真駒内滝野霊園。札幌に来たら絶対に一度は行っておかなければならない場所のひとつだ。

 最高に面白い。そう、宗教とはこれほどまでにエンタテイメントで楽しいものなのだ。上の画像は「三十三モアイ地蔵」の一体。下には観音様がおり、傍にマニ車がある(チベット仏教で使われるもので、回すだけでそこに書かれた真言を唱えたのと同じ功徳がある)。
c0157225_1501748.jpg
 ほかにも、阿吽の像(のようなもの)や金剛力士像(のようなもの)やスフィンクス(のようなもの)、地蔵の大群や菩薩、観音らしきものが立ち並び、ライオンみたいな狛犬やミロのヴィーナス(のようなもの)からダビデ像(のようなもの)、鷲や鷹の類、アフリカの仮面らしきもの、ストーンヘンジなどがある。

 ちなみに最近、大仏が建った。ごぉ~んとなにかが鳴ったと思ったら、大仏の目の前に大きな鐘もできていた。お金を払うと鳴らすことができる。信じられない空間である(霊園なのに)。奥に進むと真言から念仏、題目の彫られた石塔が立ち並び、その先に「還れ北方領土」と彫られた石が置かれていた。なんでもありだ。

 わかるとは思うけれど、いちおう、ここは墓地である。
[PR]
by kourick | 2006-09-10 00:00 | 画像
c0157225_1521119.jpg
 たまには文化的なことをした気になろうということで芸術の森美術館に行きザクな方々に会ってきた。画像の彼らは(いちおう)富野由悠季の出展ということになっており、これは入場料を払っていない段階で見れる。

 もしかすると、「ここで帰りなさい」という御大からのメッセージだったのかもしれない。海洋堂展のときはここに置かれた三女神に行きと帰りの二度感嘆した気がするが、ガンダム展は二度安堵した気がする。
[PR]
by kourick | 2006-09-10 00:00 | 画像
c0157225_17113368.jpg
国道の脇にひっそりとある有名な焼き鳥屋「三船」で精肉とモツを注文したあと、焼きあがるまでの50分を利用して月形に向かうとき、ぼおっと僕が眺めていた景色を写しとったもの。ちなみに三船の焼き鳥はとても美味しかったです。
[PR]
by kourick | 2006-09-10 00:00 | 画像