どうもまとまった文章を書いている余裕がないのだけれど、僕が書こうと思っている内容は多少はっきりとしているので、それだけ先にメモしておきます。

  • ソーシャルブックマークが個人ニュースサイトを駆逐するということはない。
    • 「個人ニュースサイト」ということでなにを意味しているのかも定かではない。
    • 「個人ニュースサイト」とは「個人のニュースサイト」ではない。「ニュースを扱う個人サイト」のことである。これはわりと誤解されているので注意しなければならない。

  • 「ソーシャルブックマーク」と「個人ニュースサイト」を対立させることは有意義ではない。
    • 前者はツールでありシステムだが、後者はもっと固有の場であるように思われる。
    • 前者はより公的な領域であるように思われるが、後者はより私的な領域であるように思われる。
    • しかし、ソーシャルブックマークを利用する面白さは、個人ニュースサイトを運営する面白さの一部を再現していることはたしかであるように思われる。

  • いまのところ、ソーシャルブックマークと個人ニュースサイト群は別個の文化を形成している。
    • これを個々人で検証するのは困難だが、これは重要な観点であるように思う。
    • Web全体というよりも、個々の文化に注目したとき、近い未来に起こりうることは、結局のところ、それらの「文化の融合」である。
    • それはどのようなツールを用いるかということと、どのような表現方法を用いるかということの二点の落としどころによって変化し続ける。
    • わたしたちがツールの表現力に束縛される必要はないし、また、目的に適うだけの表現力を持ったツールをあえて使わない理由もない。

  • 現在、もし、「個人ニュースサイト」という確定したなにかが本当にあるのだとしたら、それは衰退するのかもしれない。
    • しかし、その衰退が相対的なものかどうかは検討の余地がある。
    • 現段階で「個人ニュースサイト」が減っているという事実はないし、また、「個人ニュースサイト群」の有する場の力が減衰したという事実もないだろう。
    • ちなみに、個々人の活動が公的なツールを媒介するような領域に押し込まれたとして、アダルトサイトやアングラサイトはどうなるだろう。

  • ソーシャルブックマークと個人ニュースサイトの行為にどれだけの差異があるのか。
    • 仮にソーシャルブックマークが個人ニュースサイトを駆逐したとするなら、そのときはソーシャルブックマークが「個人ニュースサイト」と呼ばれるようになるだけなのかもしれない。

  • ソーシャルブックマークは面白い、ただ、ウェブでメインになれるほどの個人サイトとしての地力があるかというときわめて怪しい。
    • もしいま、「個人ニュースサイト界隈」という、なにか特定の領域に愛着を感じる人がいて、次の世代になにかを託したいと思うなら、「個人ニュースサイト」のフォーマットを用意しておいたら良いかもしれない。
    • それは例えば、「俺ニュースフォーマット」といった有名なものから、個人ニュースサイトの運営に用いられている工夫といったものである。そうした工夫がストックされていないことは本当にもったいない。また、サイトの認知度の高め方も、適切で効果的なものはあるだろう。そういう知恵が、実はウェブにはストックされていない。
    • 一見、これは不思議なことのように感じられるけれど、こうしたことが「個人ニュースサイト群」という語の指示する領域の曖昧さを実証しているとも考えられる。

  • ソーシャルブックマークは巨大化するほど不安定になる。
    • 今後、ウェブはいかに居心地の良いローカルな場を作り出すかということが重大事になる。
    • むしろ、それこそが一介の個人が存在するようなウェブの等身大の姿なのだろう。
    • また、適切に権威のたまる劇場的な場を、いまよりも確実に、生産的な場として、ウェブに形成できるようになるかもしれない。

  • アクセス数からみたヒエラルキーを「個人ニュースサイト」だけに当てはめて分析することは有益ではない。
  • アクセスを流すパイプの大きさという観点であらゆるサイトを評価したほうが良い。
    • 実際、「パイプの大きなサイト」を取り上げて「個人ニュースサイト」と名付けているように思われる。
    • ある一部の論者は、「個人ニュースサイト」というものをとりたてて確定しないままに分析を始め、そこにヒエラルキーを見出して満足したところで、そのヒエラルキーに属するサイトをまとめて「個人ニュースサイト」と名付けている。すなわち、個人ニュースサイト群の実態の分析になっていない。「個人ニュースサイト」を創造的に定義しているだけである。

  • また、アクセス数と影響力を「=」で結ぶことには抵抗を感じる。
    • なぜなら、アクセス数は「サイト」に溜まるものであり、影響力はサイトの「中の人」に作用するものだからである。
    • サイトが影響力をもっているのか、サイトの中の人が影響力をもっているのか、どちらであるのかを確かめることは常に有意義である。

  • まず必要なのは、どれだけ些細な領域であれ、そこで行われている人々の活動を過小評価しないことであり、最大限の敬意を払って人に接することである。
  • システムとして優れていることと、個人の選好を充分に満足させることができるのとは別のことである。
  • そして、個人サイトである以上は後者が尊重されることは必然である。
    • もちろん、後者を包含するシステムというのが望ましいものだし、理想ではある。
    • しかし、全体が「水」だからといって、それを構成する一単位まで水だと思ってしまうような誤謬は犯すべきではない。

    [PR]
ソーシャルブックマークの使い方に関する考察Muibrog
自分のブログの付加価値を上げる方法 前編304 Not Modified
自分のブログの付加価値を上げる方法 後編304 Not Modified

今回、話題になっているのは「はてぶ」ないし「SBM全般」です。というわけで、僕も少し書こうかなと思うわけです。その前に、きわめて個人的な感想を言うと、僕は「サイトというのは【中の人】に興味が向かうことが重要なのだ」ということに関して、以前からおふたりと通底しているという意識があるのですが、ここまでに読ませていただいた記事の多くでその点が強調されていてひそかに嬉しかったです。

「ブログというのは名刺のようなものです」と比喩されたりするわりに「中の人」という観点はしばしば忘れられます。ある一定のシステムとの関係において個人をみるという分析を否定しているわけではないけれど、システムに寄与するために個人があるわけではないということは、強調してしたりないということはないと思うので、ここでも言っておきます。

上記リンク先の記事は、ともに「ソーシャルブックマークをメインサイトで表現しきれない運営者の興味の方向を示すために用いたらどうか」という提言になっています。重要なのは、その力点が「運営者」にあるということです。テキストサイトや日記サイトはもちろん、ニュースサイトと言えども、それが個人サイトである限り、「中の人」に興味が向かうことが重要なのです。これは「はてぶ」というシステムを駆動するための一単位であると考えられるようなクリッパーに関しても言うことができます。

この観点に注目すると、実はまなめさんの「自分のブログの付加価値を上げる方法」というタイトルは「ブログ」に力点があるようで少し気になります。つまり、まなめさんのモデルでは、ソーシャルブックマークがサイトの価値を高め、サイトが自分の価値を高めるという二重構造になっています。だからこそ、「ブログの価値を高める」でも「自分の価値を高める」でもなく「ブログの付加価値を高める」なのでしょう。

ですから、ブログは自分の価値を高め、ソーシャルブックマークはブログの価値を高め、したがって、自分の価値は直接的にはブログに高められています。そして、ソーシャルブックマークの価値が高まることによってブログの価値が高まり、それによって、間接的に自分の価値が高まるという構造になっています。これがつまり、自分から見たときに、ソーシャルブックマークがブログの付加価値として機能しているということです

また、この箇所を丁寧に読むと「ソーシャルブックマークはサイトとしては機能しない」ということをまなめさんは暗に示唆しています。これに関して、僕はまなめさんの見方に共感を覚えます。ただ、ソーシャルブックマークの利用者の存在感が、ソーシャルブックマークによって高められているというようなことは、たぶん、あるでしょう。

ちなみに、としさんのモデルでは、サイトとソーシャルブックマークの接点に運営者がおり、その両方が運営者を基点に連結され、運営者の価値を双方が直接高めるという構図になっています。こちらのほうがすんなり理解できます。しかし、いずれにせよ、結局は「運営者」に諸価値が収束するように意図されています。そして、それが大切なことなのです。
[PR]
 初雪が降りました、寒い、寒いんです。
 そういうわけでうだうだと僕はH大を散策してきました。

「おい」
 うだうだがなにかに驚きました。
「なに?」
 僕は言いました。
「愛とソープ総合研究所だって」
「ん?」
「そこそこ」
「…………」
「いまの大学はすげぇな」
「うだうだ」
「なに?」
「あれ、アイソトープだから」
「…………」
 うだうだの眼が泳いだ。
「アイソトープ総合研究所」
「知ってたよ」
「…………」
「知ってたって」
「…………」
「同位元素だろ」
「へぇ」
「み……見ないで!」
 わたしを見ないでぇええ! と、うだうだは叫び、そして走り去った。

【今日うだうだが学んだこと】
 ・ 愛と石鹸に関する一考察。
 ・ 恥の半減期に関する一考察。
[PR]
「チャボより」

 毎年、初雪が降ると同時に「ジョアンナ」は僕の部屋を訪れる。本棚の陰からこちらを覗いている彼女に「久しぶりだね、ジョアンナ」と僕が言うと、ジョアンナはもう一度「チャボより」と言った。それは彼女の挨拶であり、朝でも昼でも晩でも挨拶の類は「チャボより」と決まっている。ハワイで言うところの「アロハ」みたいなものなのだ。

「これ」

 そう言ってジョアンナは桃缶を僕に差し出した。

「ありがとう」
「チャボより」

 僕がそれを受け取ると、僕から目を逸らしてジョアンナは言った。どうして桃缶なのかというと特に理由はないけれど、三年前の僕とジョアンナの出会いから桃缶は僕たちの間にある。

 その日、初雪の冷え込みもあり僕は風邪をひいて寝込んでいた。そこにジョアンナは現れたのだった。彼女はやはり「チャボより」と言い、僕の様子を観察すると「あなた風邪ね」と言った。そして、懐から桃缶を取りだすと僕に渡したのだった。どうしてジョアンナが桃缶を携帯していたのか僕にはわからないけれど、僕はその桃缶で体力を回復し、その冬を乗り切ったのだ。

 それからジョアンナは毎年、初雪が降ると僕に桃缶を渡しに現れる。それ以外の目的は僕にはわからないし、わかる必要もないような気がした。

 僕とジョアンナの間には桃缶があれば十分なのだった。

「南のほうはどうだい?」
「素敵よ」

 僕が尋ねると、ジョアンナは少しなにかにうっとりしたような艶のある声でそう言った。

 ジョアンナは南から来る。それは決まりきったことなのだ。ジョアンナは誰のもとにも南より訪れる。だから、ジョアンナは「南から来る女」とも呼ばれている。

 しかし、これには少し説明が必要かもしれない。というのも、南というのは厳密にいうと「チャボ」だからだ。彼女は「チャボ」よりやって来る、そうして、その「チャボ」というのはなによりも南にあると考えられているのだ。だから、彼女は常に南からやって来る。チャボよりやって来るのだ。

「チャボは南にいるのよ」
「うん」

 僕はチャボを知らない、しかし、ときどき南に向かって祈ることがある。
 めでたし。
[PR]
by kourick | 2005-11-10 00:00 | 夢峰
 雪が降りそうで降りませんが寒いです。
 そういうわけでうだうだはふわふわと部屋で丸まっています。

「どしたの?」
 うだうだが言いました。
「僕の先祖、爬虫類だと思う」
 僕は言いました。
「寒いの?」
「寒い」
「爬虫類だな」
「やはり」
「蛇的なにかと違うかな」
「虹みたい」
「虹と違うよ」
「鉈みたい」
「鉈と違うよ」
「寒い」
 僕はうだうだに抱き付きました。
「ふっわふわ、なにこれ、ふっわふわ」
「それ布団」
「あー」
 寒すぎて視界が。

【今日うだうだが学んだこと】
 ・ 同居人の寒さ。
 ・ 自分の存在の危うさ。
[PR]
 ある晩、吉田さんが僕のもとを訪ねてきました。僕は少し困惑しながら「お久しぶりですね」と言うと「はじめまして、今日の私は一味違いますよ」と吉田さんが言うので、僕はますます困惑しました。吉田さんはもともと僕を困惑させやすい色黒の筋肉質で白いシャツの似合う角刈りの基本的に善良な吉田さんなのですが、このときばかりは僕も身の危険を感じざるを得ませんでした。

 掘られるかもしれない、僕の埋蔵金が掘り当てられてしまうかもしれない、僕はあまりの大発見の可能性に身を震わせました。

「犬に殺されかけています」

 僕が震度三に突入したあたりで、唐突に吉田さんが言いました。

「犬の足って速いですよね、私ね、逃げたんですよ」
「はあ」
「でも犬の足って速いですから、だめですね、喰われる!って思うんです」
「うぅん」
「あれ、四本足でしょう、それが秘密と違うかなと思うんですけど」
「なるほど」
「自動車でいうなら四駆、みたいなものですか、そりゃ速いですよ」
「そうですね」
「私走っても、犬、後ろにいるでしょう? 喰われる!って思うんです」
「ああ」
「でもほら、逃げてますから、ある程度これ、逃げれるわけです」
「ええ」
「怖いですよお、犬、後ろにいるわけですから、大きいの」
「ですね」
「私も疲れてきて、汗だらだらで、喰われる!って思うんです」
「暑いですね」
「私、途中でジョイナーですよ、手、ジョイナー、ショワーッて、軽やかに」
「わかります」
「そしたら犬、おんっ、いうんです」
「へぇ」
「その瞬間、私、冷静になっちゃいましてね、ああ、死ぬなって思うんです」
「それでどうしたんですか」
「それでまあ、追い付かれちゃいまして」
「ほう」
「でまあ、それがこの犬なんですけど」

 そう言って吉田さんは足元にいる犬の頭を撫でた。

「だと思いました」
「可愛いでしょう、これ、でかいし」
「殺される心配はなさそうですね」
「いやあ、それが全然、これ、私逃げたら、追いかけますよ」
「まあ」
「いや私ね、喰われる!って思うんです、言ってみたら餌、餌ですよ、私」

 その瞬間、犬が「おんっ」と鳴いて、吉田さんの手を舐めた。

「ものすごい懐いてるじゃないですか」
「犬、可愛いでしょう、これ、でも、危ないですよお」

 吉田さんはその後、似たようなことを五セット言って帰っていった。
 めでたし。
[PR]
by kourick | 2005-11-08 00:00 | 夢峰
Web というのは、もともと「自分勝手」を促進するのだろうと思っています。つまり、Webの思想の根底にはやはり、「あらゆるものは Free にならなければならない」という「Free」幻想があるのだろうなと思っています。そして、そうした発想を基底にシステムを組んでいるのでしょう。

だからこそ、そこでの人間関係というものも、こっちの集団では嫌われてしまったから今度はあっちのほうで仲間を探してみよう、ということになる。つまり、切り捨て上等ということですね。ネガティブな点には目を瞑り、ポジティブな点に目を向けるという態度に適合しやすい場でもあるかもしれません。似た趣味の人間を集めやすいシステムだし、効率の良いシステムだろうと思います。そして、なにより、そうして似た趣味人間が集まるということは政治的な権力になる。

あらゆる場合で、この端的な「Free」という発想が好ましいかというと、僕はきわめて怪しいと思うけれど、いまのところ、その発想によって進められる仕事に豊かな可能性と生産性があるというのが現状です。今後、この体制(体制がないという体制)を維持するにせよしないにせよ、こういう前提を共有していない相手とは話しをするのが面倒だなと思います。
[PR]
by kourick | 2005-11-03 00:00 | ネット