僕が井川りかこのいるファミレスに到着したのはちょうど12:00、店内はほどよい込み合いを見せておりBGMに浜田省吾が流れていた。入口付近の席に座るアフロの外国人がそれを聴いて、「ショーゴハマーダ? コレ、ショーゴハマーダ?」と店員に尋ねていた。正解である。

 僕は店員に待ち人がいることを伝えると赤い洗面器を頭に乗せているはずの井川りかこを探した。それが約束の目印だったのである。グルリと店内を見回すと、瞬時に井川りかこは見付かった。それもそのはず、赤い洗面器を頭に乗せた井川りかこなどめったにいないばかりか、およそ世界にひとりしかいないはずだったからである。

 しかし、その席にはふたりの人間が座っていた。

「お前は誰だ」
「なにを隠そう、わたしも井川です」

 僕が井川りかこの横に座る男に尋ねると、その男は僕にそう言い返したのだった。井川りかこの横の井川……貴様、夫だな! 隠しもせずに井川と名乗るとはいい度胸をしている。しかし、どうしてお前が今日、その井川りかこの横の位置に座っているのかと!

「どうして貴様がいる、不倫阪神」
「それはわたしのことですか?」
「お前のほかに誰がいる、松尾判内」

 似ていたのである。

「まあ、座って下さい」

 そういって井川は僕を対面の席に誘導した。僕は席に座ると井川りかこをちらと見た。ショック! 怯えている。伏目がちの目、不安そうな表情……身体が縮こまっていて、弱々しい……多分、井川りかこは脅されているのだ! 井川の夫の井川、許すまじ。

「早速ですが、これはどういうことですか」

 そう言って井川は妙な用紙をテーブルの上に数枚置いた。僕はうすうす気付いていた。予想通り、それは僕と井川りかことのメールのやり取りを印刷したものだった。妻の私的領域にずかずかと入り込むとは……駄目だ! これは駄目な井川だ! そういう井川も世のなかにはいる!

 僕は早々に見切りを付け、物静かに興奮した。

「井川りかこ……」

 僕が声をかけると井川りかこはビクと身を振るわせた。

「妻と関わるのはもう止めて下さい」

 とかなんとか、井川がなにかわけのわからないことをごちゃごちゃと喋っているのだが、しかし、僕にはもうなにも届かない。井川の声は届かない、ここにいるのは声の届かない井川だ。そういう井川も世のなかにはいる。井川、許すまじ。やる、僕はやる。いや、むしろ、僕がやらねばならない。

「井川りかこ……僕が救おうじゃないか、君を救おうじゃないか!」

 僕はそう言うと、目の前にあったアッツアツの珈琲を井川の顔にぶちまけ、うぎゃーとかなんとか井川が喚いているなか、勢いのままに立ち上がり、井川りかこの頭の上の赤い洗面器を奪い取ってアッツアツの井川に殴りかかった。二発、三発、ボコン、ボコンと柔らかい音がする。とっさに僕は赤い洗面器を裏返し、持つところのちょっと硬いところで井川を殴った。

「痛い、洗面器、痛い!」
「殺す、井川殺す、井川!」

 僕は赤い洗面器で井川を殴りつけながら店内で絶叫した。浜田省吾とのコラボレーション。店内の人々の視界がスローモーションになる。そして、店内はケーキとホール・パイが飛び交う大騒ぎになったのだった。そんななか、井川りかこは恍惚の表情で僕を見詰め、身体を捩じらせて感じていたのである。いいぞ、井川りかこ、君はいま、この瞬間、僕によって解放されたのだ。

 そして僕は、連絡を受けて駆けつけた警官に捕縛された。しかし、僕は後悔していない。事情聴取でわけのわからないことを馬鹿な刑事や無能な弁護士に問われるのはやや面倒だけれども、それもまあ、良い。そうこうしているうちに、井川りかこが僕のもとを尋ねて来るのだから。

 僕は井川りかこのヒーローなのだから、そのようになることは当然であろう。
[PR]
by kourick | 2005-05-30 00:00
 あれから僕のもとには井川りかこから、毎日、井川りかこなメールが届いていた。ああ、これはなんて律儀な井川りかこだろう。その一通一通に目を通すたびに僕は心臓を左から右に揺り動かされる気持ちでした。あまりにも血管が危い。そして、そのメールの題名は次のようなものでした。

「メール楽しいですね。井川です(^-^)」
「何だか日課になりつつあります。井川です(^-^)」

 井川……井川りかこ……! なぜ君は笑うのか、ホワイ? そのなかで井川りかこは胸中を僕に打ち明け、最近の出来事を僕に話すのでした。22歳で夫と初めて恋愛をし、結婚、しかし、その幸福な生活も32歳で夫に不倫をされ、そのまま精神を病み、いまでは実家で近隣の風景を写真に収め、本を読み、傷を癒しているのだとか。

 な、なんて……なんて紋切り型の不幸なんだ! これは不幸な井川りかこだ! しかし、いとおしいっ! そんなりかこがいとおしいぃ! お父さん、七五三は金太郎飴にしましょうか、それとも千歳飴にしましょうか、馬鹿だなあ、お前、七五三には千歳飴だろ、僕らの愛と同じようにね、きゅふっ、きゃはっ。

「…………」

 夫、許すまじき!

「井川です。勇気のいる告白ですが…。」

 そして、このような題名の一通のメールが届いたのでした。そこにはこう書かれていました。

「メールをしながら錯覚してしまったのかもしれませんが、以前はメールだけの関係と言ってましたが正直な意見として会ってみたい」

 そこには会う場所と電話番号が付されておりました。よし、会おう、井川りかこ。君に会おうじゃないか。そして、僕は君を救ってみせよう。
[PR]
by kourick | 2005-05-28 00:00
 今日も井川りかこからメールがきていた。ちょうどそろそろきそうだなと思っていたところだ。ともすると、この井川りかこは僕のことをなんでも知っている井川りかこなのかもしれない。今日の題名は「どうも、井川です。」だった。お察しの通り、僕と井川りかこはすでにそういう関係なのである。

「あなたは誰ですか?」
「井川です」

 そういうノリの井川りかこなのである。今回も離婚の相談をされた。原因は夫の浮気である。夫、許すまじき。この夫が井川りかこと同じ井川なのかと思うともう、野球中継で阪神を応援することなどまかりならんとそういう気持ちにもなる。旦那の井川は阪神ファンらしい。

 そのようなわけで井川りかこは夫とその部下の二年に渡る不倫にこころを苛み、いまは32歳で実家に篭っているらしい。これは問題だ。問題のある井川りかこだ。このような井川りかこであればせめてメル友も欲しかろう。

 これは僕が助けてあげねばなるまい。
[PR]
by kourick | 2005-05-25 00:00
 今日もまた「井川りかこ」からメールがきていた。井川りかこは熱心な人だ。そして、井川りかこは今日も僕に、切々と相談を持ちかけたり、悩みを打ち明けたり、感謝したり謝ったり、「大丈夫でした」と身辺の問題が解決したことを話すのだった。

 多分、井川りかことならメル友になれる。
[PR]
by kourick | 2005-05-23 00:00
とうとう北海道にもサクラが咲いたらしい。ソメイヨシノ。今週の初めには、旭川とか中山峠に雪が降ったり、稚内に流氷が来たりしていたけれど、気温はたしかに上がってきているし、春らしさを感じるようになってきました。10度。北海道の感覚では「10度は暖かい」ということになっています。それでも、風はまだ冷たいです。
[PR]
by kourick | 2005-05-13 00:00 | 日記
僕がここでいきなり、社会一般で認められているような有益な事柄に関して解説を始めたとしよう。そこで、さあ、人がやってきますかというと、哀しいことに閲覧者は減るに違いない。

有益な記述を行うということは、なにかしらの目的に適う記述をするということである。目的を限定するということは同様の目的を抱いている人の集まりに向けて、なにかを記述するということだ。そうしたことに価値を見出すとすると、そのテキストにおいては合目的的な記述以外の記述は排除されるのが望ましいということになる。

しかし、僕はそれはつまらないと思うから、そうはしない。いまのところ、ウェブでまでそんなことをしたいとは思わない。ウェブにおいては、チラシの裏がチラシの表より有益ではないと言い切れる根拠はどこにもないのです。

本来的な目的に向けて書かれたものではないということ、暇な時間にふと書かれた戯言であるということ、そうしたことはウェブにおいては決して不利に働かない。既成の価値や形式を崩して、手続きを逸脱できるということもウェブは面白さのひとつと言うことができるのではないかと思う。
[PR]
五月とは思えない寒さです。旭川ともなると雪降ってるらしいですよ、雪、テレビで言ってました。これだからテレビは信用できませんね。やれやれ、テレ・ヴィジョンとか言って、遠いところをいまここにってか、片腹痛いわ。五月に雪が降るわけないじゃん、雪なんて嘘だよ、嘘に決まってらあ。
[PR]
by kourick | 2005-05-10 00:00 | 日記
小野真弓はノー・パルプンテでフィニッシュです。
[PR]
by kourick | 2005-05-07 00:00 | 日記
二羽のカラスがカァカァとかチュンチュンとか鳴いています。ここだけの話、多分、どっちかスズメだと思う。
[PR]
by kourick | 2005-05-05 00:00 | 日記
学校の作文というのは不可思議なもので非難に晒されつつも以前として続いているけれども、それはともかく、「俺と井伊直弼」という作文のタイトルが僕の頭に浮かび上がり、折角だから内容を考えていました。朝の四時とはそのような時間です。これが「俺の井伊直弼」などといった具合になるとまた違うものがあります。「俺、井伊直弼」なども期待させるものがあるし、「俺は井伊直弼」なども野心的で面白いです。もう少しひねると「井伊直弼と俺と井伊直弼」といった具合に、井伊直弼が増えたりしますね。これはいったい、どういうことだろう。
[PR]
by kourick | 2005-05-05 00:00 | 日記