空が灰色に曇る。陽は雲の上にあるのだろう。
 微風。暖かい日差しと心地良い肌触りの風が、そのように私に感じられている。

 先生。今日、不思議な少年に出逢いました。

 少年と交わした言葉は大事な部分は忘れられず、大事ではない部分はこれっぽっちも思い返すことが出来ません。考えれば考えるほど、少年の存在が霧のようにぼやけてゆき、霧自体があまりにも鮮明に小生に覆いかぶさってきます。先生、恐ろしいのです。

 どうにかしてわかって頂きたいなどと傲慢なことは申しません。ただ、ただ、怖いのです。それは、もう、このようにして書き留めておかなければ、どうにもならないことのように思われるのです。小生には、ただ、黙ってこれに耐えることなど、到底出来そうに御座いません。

 少年とあっていた時間は数分とも数十分とも取れます。そして、どちらでも大差なきことです。小生には既に時を計る術など御座いませんし、出来事を比較するほどの変化も持ち合わせて御座いません。

 このようなことですから、小生が本当の、本来的な意味で少年と出逢っていたのかどうかということについては、はなはだ小生自身も疑問に思うのですが、しかし、そのような事実と呼べるようなことも、小生にとってはいまや価値のないものなのかもしれません。そして、そのように思います。

 少年は小生に向かってこのように言いました。
「僕はこれから死のうと思っているのだ」
 と。

 少年はとても静かな物腰で、表情に陰りはかほどもありませんでした。小生が道に腰掛け、川の流れに目を奪われていたときでした。唐突に現れた少年は、小生と何事かを話し、その流れのうちにそのような言葉が小生に聞かれることとなったのです。少年との会話は先ほども申しました通り、そのほとんどをもう思い返すことが叶いません。

 何故、少年がそのようなことを小生に言ったのかということを、先生は不思議に思うかもしれません。小生もそう思います。どうして、少年はそのようなことを小生に言ったのでしょう。そして、どうして小生は少年のその言葉だけをこのように鮮明に思い返すことが出来るのでしょう。

 わかりません。この世界にはこれほどまでにわからないことが満ちているものだとは、知りませんでした。先生は何度も小生にそのことを説いて下さいました。そして、小生も本当にわかったつもりになっていました。しかし、実際には何もわかってはいなかったのです。

 一時はそのことを悔やみましたが、しかし、いまでは、それでも良かったのだと思えます。この悔しさがなければ、小生は、もしかすると先生のことを思い返すことすら出来なかったかもしれないからです。この想いは非常に強い、消したいといった衝動に晒されるものではありますが、同時に、何か、小生に大事なものを与えているようにも思うのです。

 先生。これだけを伝えたいわけでは御座いません。少年が小生に与えた戦慄というものは、この程度のものでは御座いません。しかし、いまの小生に、それを書き記すことは無理なようです。先生、小生は怖かったのです。怖かったのです。少年が怖かったのです。もう、その感情、その気持ちは言い表すことが出来ません。不甲斐ないばかりです。いま、小生は震えております。怖いのです。

 この気持ちを「怖い」と表現している小生は、なにを感じているのでしょうか。
 怖いのです。ああ、小生には、その少年がわかりません。
 小生は、その少年を恐れているのです。
[PR]
by kourick | 2003-12-13 00:00
 年月日、不肖。
 無風無雲。空を見上げ、地に横たわる。土は冷たい。

 先生。先生に質問したいことが御座いますが、どうやら、それも叶わぬことのように存じます。それはそれで哀しいことではありますが、いまはもうそのようなことを言っている時分には御座いません。しかしながら、小生も人と生まれ、人として生きて参りました。

 感じ入ることも少なからず御座います。かようなことにどれほどの意味があるとも思えませんが、小生の生きている時間を削り、そして、死に近づいている時間を利用し、できるだけ、小生の気持ちを明確に記しておきたいと思います。

 あらぬ、という表現が「存在する」ということ、そして、存在するものに対する否定、ないし、その欠如を意味する副次的な表現であるということは、小生も理解し、確信するところで御座いますが、小生は一方でこうも思うのです。

 そもそも、ある特定のものを指して、それが「ある」と明晰な仕方で断定すること、それすらも非常に困難な作業ではないのだろうかと。そのようなことが果たして本当に可能なのだろうかと。「ある」と言明することが、いったい、小生にどのような判断をさせたのか。それは本当にそこに「ある」と言えるのか。小生は疑わしいと感じております。

 しかし、それはおおむね、あらぬことがあらぬ、ということが、どのようなことと意を同じにするのか混乱しているといったこと、そのような問題と軌を一にするような下らないことなのかもしれません。しかし、小生はその問題に「小生の頭の中にある」という解答を与えては御座いません。なぜなら、小生は、ないものを「ある」と感ずるほど愚かではないからです。

 けれども、いま、小生の頭上、眼前に広がる広大な宇宙と華々しい闇、そして、その天球に浮かぶ煌びやかな星々とそれらが織り成す美しい詩とを感じたとき、小生には、もう、なにがなにだか、わからないのも事実なのです。

 それは継ぎ目のない、確認できぬほどに透明な、硝子の半球の内側に立たされているような、どこかしら異常で、なにかしら尋常な、どこか心許無いだけの感覚を小生に与えました。

 先生、小生はいったい、どこに立っているのでしょうか。
 いえ、なにに、立っているのでしょうか。
 小生には、もう、わかりません。

 だから、横たわっております。
[PR]
by kourick | 2003-12-12 00:00