煙草税が増税されました。僕は喫煙者ですし、もちろん、煙草も好きです。また、喫煙が身体に悪いらしいということも把握しています。けれど、吸います。たまに「煙草のなにがおいしいの」と言う人もいますが、煙草のおいしさは味や香りというよりも、その気体を吸っているときの雰囲気であったり、吸っているときの脱力感にあったりします。同様のことは、お酒を飲むときにも言うことができるかもしれません。

嫌煙家に「煙草は中毒性があるだけ」だから止めたほうが良いと言われることもあります。僕もその通りだと思います。けれど、おいしいから吸います。喫煙することで快楽が得られるわけでもないのに煙草を吸うのはおかしいと言う人もいるけれど、もし快楽が得られるのだとしたら大変です。それは麻薬でしょう。「煙草は中毒性があるだけ」の本当にどうしようもないものだから公的に吸っていられるのです。単に中毒性があって身体に悪いだけの代物だから認可されているのです。

煙草は副流煙のほうが身体に悪いから吸ってはいけないというのも論点が少しおかしいです。主流煙を吸っている喫煙者も、間接喫煙者と同じように副流煙を吸っています。まあ、こういうことを言うと煽り合いになってしまいますから、それは置いといて、非喫煙者や嫌煙家が周りにいるときに断りなしに煙草を吸ってはいけません。これはマナーの問題です。煙草はあくまで個人の楽しみですから、周りの人に迷惑をかけてはいけない。

逆に言うと、個人で楽しむ限りにおいては吸っても良いのです。実際、中毒性があるとは言っても、他の薬物等による禁断症状のように他者に危害を加えるようなことはありません。つまり、どれだけ吸っても困るのは当人です。だから、煙草は他の薬物からは一線を画しています。

例えば、煙草を吸うことの有害さというのは、自動車に乗ることの有害さと大筋において同じようなものです。実際、喫煙は健康を害するとか言いますが、自動車だって地球規模の健康被害を招いています。そして、大気汚染のような環境被害も招きます。喫煙者に他者の健康を害するから喫煙を止めて下さいと言うのは、地球の健康を害するから自動車に乗るのは止めて下さいって言うのとどのように違うでしょうか。とまあ、こういう類推による反論は反故にされる可能性もありますが、一定の説得力があるでしょう。

オリンピックの聖火は環境を汚染するので止めて下さい。原子力発電所というのはなにか知らないけれど、危ないらしいから、止めて下さい。自衛隊の軍備増強や兵士の訓練とか戦争の放棄を謳っているのだから、どうせ役に立たないでしょう? 税金の無駄だから止めて下さい。お酒って依存性あるよね、中毒にもなるらしい。そういうのは危険に違いないからアルコールの販売は禁止して下さい。こういった事柄とどう違うでしょうか。たしかに厳密には違うところは多々ありますが、こうした問題のなかから煙草だけを断罪するほどはかけ離れた問題ではありません。

そういったわけだから、喫煙者を単に「煙草を吸っているから」という理由だけで嫌わないでほしい。いや、別に嫌っても良いけれど、それを表明することが当然の権利であるかのように受けとめてはもらいたくない。また、煙草を吸う人間が嫌いなのはそれは仕方がないけれど、それを表明することにはそれなりのリスクだってあるということを理解したほうが良いと思います。

なにも喫煙者は煙草を吸うという当然の権利を堂々と有していて立派であるとは言わないから、ただ、普通にある特定の権利として「煙草を吸うということ」を認めてもらいたいと僕は思う。また、そうしない限り、どのような話し合いも単なる権力闘争に堕ちるのではないかと僕は思います。
[PR]
by kourick | 2003-05-21 00:03 | 考察