カテゴリ:画像( 57 )

c0157225_23573520.jpg
友人と斉藤ファームに珈琲を飲むに向かう。四時頃に行ったのだけれど、意外と混み合っている。ハンバーグステーキを食べている人もちらほいるし、ああ、こういう早めの夕食(しかも外食)っていうのには日曜日的な情緒があるなとか思ったり。突き当たりの階段を昇り、二階の席に座る。相変わらず良い雰囲気が漂っており、別れ話を切り出すにはもってこいの環境だと思われた。

「マイルド斉藤Aブレンド」と「フレンチ斉藤Bブレンド」の「A」と「B」は要らないんじゃないかという、斉藤ファームに珈琲を飲みに来た人は全員しているだろう会話をしたあとに、「Aブレンド」「Bブレンド」と「ケーキ(チョコレート)」を注文する。「A」「B」に分かれているのは注文しやすさのためじゃないかと思うのだけれど、すると、「ソフト斉藤ブレンド」はなぜ「Cブレンド」じゃないのだろうか。

照明(赤いの)の真下にケーキを移動する。わりと暗いなか、温かい光に包まれるケーキ。ちなみに今日は雨からミゾレな天気、店内はストーブに薪的なにかが焚かれていた。たぶん、薪だろう。ケーキにかかっているのはキャラメルソースとチョコレートソース。ブルーベリーが乗っていて、スポンジと数種類のクリームが微妙なバランスで積まれている。食う、甘い、美味い。

あっという間に倒壊したケーキをちまちまと突きながら、珈琲を飲む。時事、文化、葬式、教育、子供、結婚、恋愛、女性といった話題を喋る。僕は普段あまり人と喋らないから、喋りだすとけっこう勝手にいろいろ喋っている。ただ、人の話を聴いているほうが好きだ。さておき、僕はケーキを完食するのが遅い。あまり意識してしないのだけど、どうも味や食感の組合せを試しているみたい。

斉藤ファームURL
北海道札幌市西区発寒8条13丁目
電話番号 011-661-8111
営業時間 11:00-24:00
駐車場 約10-20台
[PR]
by kourick | 2009-04-26 00:00 | 画像
c0157225_1739364.jpg
友人と倫敦館にふらふらと珈琲を飲みに向かう。螺旋階段を登り、二階の席に座る。なにを目的にどういう設計思想のもと作られた建築なのか相変わらず謎だけれど、年季の入った内装と昔を懐かしむような雰囲気がえもいわれぬ情緒を漂わせている。喫茶店、ないしはサロンという感じ。

ちょっと文学的な匂いがする。火災が発生した場合、どのルートで脱出したら良いか少し考えた。前に来たときと同じようにケーキセット(750円)を注文する。今回はチーズケーキ、美味しい。他の食事も美味しそうだなと思う。わりと遅い時間まで営業しているから、長居する人もいそう。

喫煙者の僕としてはありがたいかぎりだけれど、店内は禁煙にしたほうが良いのじゃないかなと思う。時間帯によってはそうなのかもしれない。吹き抜けになっているから換気すると寒そう。北海道だしね。あと、もう少し丸みと厚みのある淡色系のコースタのほうが合いそうだなと思った。

Cafe倫敦館
北海道札幌市中央区北四条西11-75
電話番号 011-271-7730
営業時間 10:00-23:30
駐車場 11台
[PR]
by kourick | 2009-04-12 00:00 | 画像
c0157225_030142.jpg
びっくりドンキー! びっくりとドンキーの間にどういう関係があるのか、僕らはびっくりとドンキーになにを感じればいいのか本当に意味のわからない名前だけれど、それはともかくびっくりドンキーの珈琲である。僕は常々、「珈琲はビールみたいなもの」と思っているのだけれど、その観点からするとかなり遠い位置にある珈琲ではある。びっくりドンキーの珈琲は安い、そして、量が多い。いや、この時点ではまだ珈琲は見えてないけれど、器からして大きいのだ。

というか、これは本当に珈琲だったろうか、もしかしたら違う飲み物かもしれない。いやむしろ、これが本当に珈琲だったとして、それはどのくらい通常「珈琲」と言われる成分を含有していたのだろうか。いあいあ、それを言い出すと、びっくりドンキーのハンバーグに使われている肉は、なにの肉でどのくらい肉なんだろうか。これが「もちろん、ドンキーの肉です」ということになってくると、ドンキー次第でかなりびっくりなんだが、やはりロバか。にっこりロバのびっくりドンキーなのか。

ちょっとアメリカンなサイズのわりに安いから、値段のリーズナブルさに合わせて生産過程もリーズナブルなことになっているのだろうと思うけれど、いったい、どんな魔法を使って大きくしているのか少し気になるところではある。そんなことを追求しすぎると、びっくりドンキーで本当にびっくりドンキーしてしまいそうだから、自分が小さくなったんだと思って素直に食うのがびっくりドンキーしすぎないために必要な第一の心掛けであるようなそうでもないような。

まあ、育ちの卑しい雑食の僕にしてみると一円当たりの美味しさが高けりゃ文句はナッシン。
[PR]
by kourick | 2008-11-03 00:00 | 画像
c0157225_257225.jpg
 札幌駅地下の南方面の奥にある水出し珈琲を出すお店のモンブランだと思うのだけれど、名前を忘れてしまった(コージーコーナーかな?)。場所は覚えているから、今度、また行ってみよう。札幌駅の地下だと PASEO の東口方面の奥にある玉光堂の横にあるカフェ(Tom's Cafe)をわりと使っていたのだけれど、こちらも良いなと思った。むしろ、テーブルもわりと広いから、だるーんなときはこっちかもしれない。

 ちなみに、Tom's Cafe は珈琲専門店なせいか値段もそれなりにする。珈琲の好きな人といかないと「珈琲一杯にこの値段かよ」と引かれてしまいそうで悩む。男なら「奢るから黙れ」と言うこともできるけれど、相手が女性だと奢るのもどうかなと思い、気を使ってしまう。それなら、紀伊国屋の二階のイノダコーヒーでケーキセットを頼むほうが気楽なのかなとか思うのだけれど、こういうときにそういう選択をしてしまうことは、僕にとって完全に誤った判断なのだと気付いた。

 この場合の誤り、そして、失敗というのは必然的とすら思う。すなわち、もう、その状況に立たされている時点で、客観的には成功しているよと誰がどれだけ僕を励まそうとも、僕にとっては完全に失敗でしかないということなのだ。その判断をしたことでも、そうした選択肢しか用意していないことでも、むしろ、その選択肢を用意しなきゃいけない状況に置かれていることですらなく、想定可能な回避したい事態を回避していない僕自身に、僕は完全に敗北している。

 負けるとわかっている事態に向かって用意周到に負けにいって、案の定、負けるどころかきっちり後悔して、まんまと「やはり、こうなるか」とか確認していることが絶望的に失敗なのだ。そうは言っても、このケーキはなかなか美味いし、たまにはこういうこともあるよね、そりゃあ、とザッハトルテを食っている場合ではないんである。そういうときに限って、うっかり、失敗防衛ラインを後退させてしまったりしているのだ。みんなも注意したほうが良い。自分に負けることを安易に許すな。
[PR]
by kourick | 2008-11-01 00:00 | 画像
c0157225_2205564.jpg
千葉のお土産をもらう。二種類の最中と、さらに落花生のお菓子で千秋庵のノースマンのようなパイもいただいた。食う、美味い、うむうむ。画像に写っていないほうの最中はアンとモナカがドッキングしておらず、食すときにアンをモナカで挟むという僕の合体魂を掻き立てるお菓子だった。あまりに心踊り、アンとモナカの一部始終を画像に収めすぎたので、ここはむしろ逆に晒さないことにします。パリパリとした触感、どこかから漂う香ばしさ。うーむ、なるほど、銘菓は面白いな。
[PR]
by kourick | 2008-10-30 00:00 | 画像
c0157225_12371022.jpg
博多ラーメン、ばりきや。札幌中心部、ヨドバシカメラの横にもあるので道産子は店舗を見かけたことのある人が多いと思う。しかし、入ったことのある人は、実は少ないのではないかとも思う。というのは、僕がそうだったからそう言っているだけで、そうじゃないかもしれないが、それを言っちゃあ始まらない。ひとまず、僕は友人に連れて行ってもらうまで入ったことがなかった。

というわけで、ばりきめんを食う。美味い、当たり前だ。しかも安い。これはあまり当たり前じゃない。ばりきめん。580円。なんだこれは。ばりきめんだ。ばりきめんか。チクショウ、ばりきめんめ。僕の好みの細麺だし、するすると喉を通る。脂ぎっているわけではないが、濃厚な風味がする。つまり、美味い。

ラーメン屋でラーメンを食うというのはどこか「戦い」を感じさせるものがある。どういうわけかわからないけれど、僕はラーメンを食うとき真剣な気持ちになる。そうしないと店長に悪いような気がしてしまうのだ。なのだからして、ラーメンを食っているときに談笑などできようはずもない。ラーメン屋の店舗が「ラーメンを食う」ということに最適化されているのが大きな原因かもしれない。

ラーメンを食うとき、ここにジェントルマン(?)を連れてきたらどうなるだろうと想像したりする。たぶん、僕はラーメンの食い方を指導してしまうに違いない。「ラーメン屋とはラーメンを作る人とラーメンを食う人との戦いの場である。ここは食事を通して客同士が楽しむ場所ではない、ここはラーメン屋との戦いを通してラーメンを楽しむ場所なのだ」とか言いそうで自分でも自分が怖い。
[PR]
by kourick | 2008-01-17 00:00 | 画像
c0157225_317193.jpg
久々にラーメンを食す。そろそろ血中櫻島分が減ってきたところだし櫻島かと思いきや、今日は「あら焚き豚骨 あらとん」に連れて行ってもらう。美味い、当たり前だ。どうやら魚のアラで出汁をとっているみたいで、こういうクセのある風味は記憶に引っかかるので僕は好きだ。

脂もけっこう入っているけれどギトギトしていないし、標準よりかなり太い麺も気にならない。つまり、美味い。ちなみに容器も珍しい形状をしていて、普通ならノッポさんの帽子的に外向きに開いているところだけれど、あらとんの容器は内向きに丸まっていて金魚鉢に近い。お洒落なな。ちなみに駐車場も広いです。

あら焚き豚骨 あらとん
〒060-0010
札幌市中央区北10条西21丁目12-4
札幌場外市場食堂長屋
[PR]
by kourick | 2008-01-10 00:00 | 画像
c0157225_19541443.jpg
暇なときは大野池でカモを眺めたりする。十月になり気温も下がったので池の水も冷たかろうと思ってカモさんを眺めていたら「あぁん!? んなこたねぇよ!」とあの温厚なカモさんに凄まれた。よほどカモさんのプライドに触ったらしい。

おかしいよね、まだなにも言ってないのに。
c0157225_19551565.jpg

[PR]
by kourick | 2006-10-18 00:00 | 画像
c0157225_19474928.jpg
(上図)やる気満々のシシャモな方々。

通常、食卓に並ぶシシャモは「カラフトシシャモ」というもので「いわゆる本物のシシャモ」とは異なる種類の魚だったりする。北海道の太平洋側の河にしか生息していないのが正しいシシャモですということで友人に誘われて鵡川に行き、焼きシシャモ、シシャモ寿司、シシャモ汁を食してきた。美味い。お土産に適しているかもしれない。なるほどの味と値段である。

(下図)やられきったシシャモな方々。
c0157225_19491240.jpg

[PR]
by kourick | 2006-10-14 00:00 | 画像
c0157225_19454326.jpg
花の美しさを否定することは(風が吹いたときに桶屋が儲かるようにして)女性の女性らしさを否定することだと友人が言うので、なるほどと僕は思い「でも、花は気持ち悪いよ、蝶はもっと気持ち悪い」と応じた。

すると友人は「女性らしさの美しさの気持ち悪さは僕も認める、その上、女性らしさの美しさの気持ち悪さが蝶のようだったとしたら、僕はもう筆舌に尽し難いものを抱かざるを得ないね」と首を振って「でも、僕は気持ち悪いものが好きなんだ、筆舌に尽し難いものならなおさらね、君だってそうだろう?」と言った。

いや……。
[PR]
by kourick | 2006-10-08 00:00 | 画像