行灯袴と馬乗袴のどちらに心惹かれるか

 巫女さんの袴はどちらがいいかぬるヲタが斬る
 http://nuruwota.blog4.fc2.com/blog-entry-746.html

 行灯袴はわりとマイナーだと思っていたのだけれど、むしろ多数派みたいですね。たしかに、時代劇で女性が付けていたりするのは行灯袴なことが多いように思います。

 もともと、行灯袴というのは町人の付けていた前掛けが原型になっているので、こちらのほうが女性らしい印象を受けるというのもあるかもしれません。ちなみに、現在、弓道などで付けられるのは男女とも馬乗袴です。

 【追記】 もしかしたら女性は行灯袴かもしれません。あるいは見た目が行灯の襠有袴かも。いずれにしても、機能性や伝統的な体配を考えると馬乗のほうが理に適っているように思いますね。

 ちなみに「いかがわしいことのしやすさ」は、行灯袴も馬乗袴も五十歩百歩だと思う。いや、たしかに「いざ!」というときには馬乗袴のほうが少し面倒なことになるかもしれないけれど、逆にそのもどかしさに燃えるということもあるかもしれない。いや、これは難しい問題ですよ。
[PR]
by kourick | 2005-09-23 00:00 | 考察