自分の個性とサイトの個性

個人ニュースサイトとして個性を出すには日記を目立たせたらどうだろうか?俺乙

書かれている通りだと思うのですが、それを前提にして持論を。「自分の個性」をだしたいのなら、もっとも楽なのは「日記サイト」です。当たり障りのない日常だとしても、それは「自分の日記」ですから絶対に「自分の個性」があるはずです。そして、次に「自分の個性」がでるのは「テキストサイト」です。「テキストサイト」は自分の日常のなかからネタを用意して、調理して、読ませる、というテクニックが必要になりますが、これも「自分の個性」がでます。「日記+創作」ですから。

他にも「文芸サイト」という手があります。「小説」などを載せたサイトですね。これは「自分の個性」の塊です。でも、読まれることは少ないです。なぜなら、これは書き手と読み手の共有する部分が少ないからです。ひとまず文章を読むということにおいて、読み手は書き手の思考を追体験したり、書かれたことに共感したり、刺激を受けたり、または作者と同じ問題を考えるということにおいて「面白い」と思うわけですから、そういう部分が少ない、ないし、それに時間がかかる場合は読まれないことが多いと思います。

この構造を反転させたのが「ニュースサイト」です。ニュースサイトは不特定多数の人と問題を共有するのに非常に優れています(双方向的なやり取りがないので「提供」といったほうが正確かもだけど)。なぜなら、文章の長さが減る代わりに、記事の数が増え、そしてその記事はしばしば時事問題を扱うからです。時事問題を取り扱うというのはもっとも読者と問題を共有しやすいので、優秀なサイト戦略です。しかし、そういったことの代わりに「自分の個性」というのは出辛いです。というのも、「自分の文章」以外の要素が加わるからです。

これは必然的な変化です。サイトの隅から隅まで「自分が作っている」ほうが「自分の個性」がでている、つまり、受け手が個性を見て取りやすいのは当然なので「ニュース」を扱ったりすると「自分の個性」は減ります。ただ、ここはギヴ・アンド・テイクなんですね。ニュースサイトをやる上で「自分の個性」と引き換えに「なにを得ているか」というほうが大事です。

端的に言うと、それは例えば「情報」です。「自分の個性」をだしたい人は「テキストサイト」やればいいんです。ただ、ニュースサイトをやろうという人は「自分の個性」を表現することよりもウェブに漂う「情報」に価値を見出しているわけです。そのように割り切ります。すると、ニュースサイタという生き物は「どのような情報を選択して載せるか」ということで「自分を表現しよう」としだします(もちろん、これ以外の方法もあるとは思うけれど)。

つまり、「自分の個性」と「サイトの個性」というのは、「日記サイト」や「テキストサイト」や「文芸サイト」、あるいは「フラッシュ・サイト」の場合、かなりの部分がかぶっています。しかし、それが「<羅列型>個人ニュースサイト」とかいうことになりだすと乖離しだします。「自分の作品」以外の要素が入ってきてしまうからですね。ただ、実は、自分以外の「情報」を通じて、ニュースサイタだって自分を表現しているのです。

それぞれのサイトを「日記サイト/役者」や「テキストサイト/脚本家」や「文芸サイト/作家」や「フラッシュ・サイト/監督」とするなら、個人ニュースサイトは「演出家」といったところではないでしょうか。こういったことが「自分の個性」とは別の「サイトの個性」というものです。そして、そのようにしてサイトを眺めるとき、どれひとつとしてつまらないサイトなどないのです。それはただ、楽しみ方を知らないだけなのです。
[PR]