「コミュニケーションという観点から無断リンク論を再構成する」の補足

Activica.今日のテキスト で、コミュニケーションという観点から無断リンク拒否を擁護する議論を構成してみました。こういう観点から無断リンク拒否を擁護しようとする議論は、僕の知る限りなかったので、できれば意見を聴きたいところです。このエントリでは、再構成された議論の流れを「論理的な飛躍」を補足しつつ、説明してみたいと思います。

僕はまず、無断リンクを「原則的水準の無断リンク」と「コミュニケーション水準の無断リンク」に分けました。これはわりと実態に即した分類だと思います。おおまかに言うと、より公共性の高い公的なサイトほど、前者のカテゴリを念頭においたリンクが許容され、より公共性の低い私的なサイトほど、後者のカテゴリを念頭においたリンクを望まれるという具合になると思います。

そのような分類をしたとき、無断でリンクを張るという行為は、

原則的に正しいかもしれないけれど、コミュニケーション的に適切でないこともある。

と言うことができます。そこから、無断リンクというのは

原則的に不正ではないから認められるけれど、コミュニケーション的に適切ではないから望ましいものでないこともある。

と言うこともできます。そして、次の仮定が「論理的な飛躍」に当たる部分ですが、

望ましくないことは認めないほうが良い。

ということが、およそ一般的に言うことができるため、以上のことから、無断リンクというのは

コミュニケーション的に不適切なため、認められないこともある。

という結論が得られます。しかし、この場合、「望ましくないことは認めないほうが良い」という仮定に対して、「望ましくないこと」というのが「誰にとって望ましくないことなのか」という問題が生じます。この問題にはどうやっても、ある程度、恣意的に答えざるをえないため、事態はややファジィになります。 それでも、コミュニケーションの空間としての Web という見方を強調したときに、この議論はそれなりに説得力のあるものではないかと思います。

この議論に対して、まっさきに想定される反論というのが、

リンクを張るという行為は、コミュニケーション行為ではない。

というものです。無断リンクはコミュニケーション的に不適切と主張するためには、リンクがコミュニケーション行為である必要があるからです。ここを攻められると、次のようになります。

無断リンクはコミュニケーション的に不適切とか言われても困る。なぜなら、リンクは情報を参照するための行為であって、コミュニケーションをとるための行為ではないからである。

したがって、

無断リンクは原則的に正しい

かつ、

コミュニケーション的に不適切という批判にも晒されない

よって、

無断リンクは認められる。

という結論が導かれる可能性もあります。これはたしかに強力な反論ですが、どうして強力なのかというと、「リンクを張るという行為はなんらコミュニケーション行為ではない」という前提が利いているからです。

この前提は無断リンクを拒否する人と共有されていない前提のため、根底的には、議論が噛み合っていません。実際、現状の Web におけるリンクというのは、すでに単なる情報の参照行為ではないだろうという気持ちも強いため、いまのところ、僕はどちらも調整的に支持するに留まっています。
[PR]