セカイ系など花拳繍腿、 独我論こそ王者の技よ!(二)

 なにはともあれ「世界」である。『論考』 は世界から始まる。世界は事実の総体である(「1.1」)。事実は命題によって描写される(「2.1」→「2.182」「2.19」→「3」→「3.1」)。命題の総体が「言語」である(「4.001」)。こうして、ザックリと「世界」と「言語」の対応関係は示される。

 世界における事実の成立・不成立が、言語における命題の真偽に対応しており、流行りの言葉を使うなら互いが互いに随伴するような対応関係をもっている。だからこそ、「思考しうることは可能なこと」でもあり(「3.02」)、「記述されうることは起こりうること」でもある(「6.362」)。

 「机上の空論」というネガティブな慣用句があるけれど、机上でシミュレートできることが現実において再現できるということはもはや珍しいことではない。67年前、日本は身をもってそのことを体験している。日本人は技術を重視しがちだが、理論を侮ってはいけない。

 さて、ここからである。じゃあ、このとき、「命題」とはなんだろうか。命題とは「思考を表現するのに用いられた記号」のことである(「3.12」)。命題とは記号である、しかし、単なる記号の羅列は命題としての要件を満たしていない。それは思考を表現していることによって命題となる。

 それでは、この「思考(Gedanke)」とはなにか。実のところ、その身分はいまいちはっきりしていない(と僕は思う)。けれど、それがどのようにして現れるかということは示されている。いわく、思考は「知覚可能な仕方で表現された」「有意味な命題」として現れる(「3.1」「4」)。

 ゆえに、『論考』 においては「表現できない思考」などというものはありえない。人はときに「言葉にはできないけどちゃんと考えてるんだよ」と言いたいことがあるけれど、バッサリ言って、それは「考えられていないから言葉にできないんだ」ということになる。なかなか手厳しい。

 表現された命題が思考であるということからは、「じゃあ、そもそも私はいったいなにを表現しているのか」という疑問はあるかもしれない。それが思考じゃないのか。しかし、『論考』 においては、もはや「表現されるまえの思考」の存在論的身分を問うことはできない。

 なぜなら、存在というのは世界のうちに現れてきているものにのみ問いうることであるからだ。思考が命題として表現されたものであり、命題もまたひとつの事実であるとしたら(「3.14」)、思考もまたひとつの事実としてしか世界のうちに現れてこない。

 表現されていない思考というものが仮に「ある」のだとしても、それが「本当にあるのか」というような問いはできない。いや、してもよいけれど、それはナンセンスだということになる。なぜなら、表現されていない思考などというものは、そもそも世界のうちに現れていないからである。

 ややこしいなと思うなら、「表現されていない思考? 表現されていないんなら、ないんじゃない?」と考えてもいい(厳密には「ない」とも言えない)。「いや、頭のなかにはあるんだよ」と言いたいかもしれないけれど、脳みそを解剖しても思考はでてこない、そんなものはない。

 これは音読しかできなかったはずの子供が「黙って読んでいる」ときに「本当に読んでいるのか」と疑問に思うことと似ている。子供は「読んでいる」と言い張るかもしれないけれど、それが「本当に読めているかどうか」は表現させてみないことにはわからない。

 表現されていない思考も同じである。「考えているんだ」と言い張る人には、「本当に考えられているのかどうか」を表現してもらうしかない。そうであるなら判断できる。つまり、表現されていない思考が仮に「ある」のだとしても、その段階で「『ある』 とは言えない」のである(「5.61」)。

 いあまあ、言ってもよいのだけれど、それは「ナンセンスだ」ということになる。受け手としては「いや、ないだろ」とも言い切れないので「ああ、そうなんだ」としか言えない。あるいは「使用されない記号は意味を持たない」のだから(「3.328」)、あったとしても「無意味だ」ということになる。

 しかし、それでも食い下がり、「いや、私の頭のなかでは表現されているんだ」と言う人もあるかもしれない。往生際が悪いけれど、しかし、これはよくよく考えてみるとけっこう微妙なところだ。前半を読んでいる限りは無理だが、独我論までいけばワンチャンある、か?

 いま、これを書き進めていて僕も思うけれど、やはり「まだ表現はされていないけれど、これから表現可能な思考というものが、事実として表現された思考よりまえにあるのだ」と言いたいものだ。思考(や意味)のような抽象的な「なにかがある」という誘惑に駆られる。

 あるいは、そういったものはたしかにないにしても、「頭のなかで言語化されている思考もある」「描こうとしている絵はある」というようなことは言いそうになる。そうやってイメージしている内容によって、所定の脳の部位は活性化していて、それが思考している証拠じゃないか。

 しかし、表現してみてはじめて、「ああ、自分はこんなことを考えていたのか」と思い知らされることもある。この文章にしたって、表現の試行を繰り返してやっと、思考の骨格が見えたり、なに書いてるのかわからなかったりする。まあ、これはたんに僕のメモリ不足かもしれないが。

 それでも「思考はある」と言いたくなるのは、おそらく、僕が僕の頭のなかで喋っていること(思考?)は「僕には聞こえている」という直感に由来しているのではないかと思う。ほかの人の頭のなかに思考があるのかはわからないが、私の思考は私には知覚可能なのだから、ある。

 これはちょっとバッサリいっちゃまずそうな疑問ではある。いや、バッサリいきたいのだけれど、たぶん、こうした気分をバッサリ落とすような独我論は方向違いだろう。「頭のなかで喋っていることを聞く」という比喩的な表現で示されているのは、いったいどんな知覚だろうか。

 はたして、それは知覚だろうか。知覚じゃないような気はする。たまに誰か(自分?)の声付きになってドキッとすることはあるけれど、そんなことはまれである。じゃあ、どんな行為なのだろうか。これはけっこう面白いテーマだけれど、とりあえずさきに進むことにしよう。

 なにはともあれ、ウィトゲンシュタインはとにかくそうした抽象的にしか把握できないなにかは「世界」のうちには含めなかった。それは「ある」とは言えない、これで一貫している。人は言語を用いて思考する、そして、その限りにおいて、「ある」とか「ない」とかも問いうるのだ。

 仮に、命題を「外言」、思考を「内言」として把握するとしたら、『論考』 において、これらは完全に一致する。ゆえに、外言になっていない思考はありえないし、内言になっていない命題もありえない。表現されていることは考えられているし、考えられていることは表現されている。

 というわけで、『論考』 において、思考と命題は緊密な対応関係をもっている。というか、実質的には(ほぼ)イコールである。さて、思考が命題であるための条件には「有意味である」というものもあった。僕が思うに、この「意味(Sinn)」の考察が独我論の次のステップかなと思う。(続く)
[PR]
by kourick | 2012-05-27 20:00 | 考察